<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10/2008 | TOP | ジャケ買い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
Hopping, Stepping, Jumping
悔しい。
これはカネとコネがあれば、オレがやりたかったことだ。
すっごい悔しい。
でもカネもコネもないオレに代わって、これをやってくれて嬉しい。
めっちゃ嬉しい。
結局どうなんだということなら、それはやっぱり嬉しい。
いや、やっぱり悔しい。
ううう。



愛読しているブログTomorrow's Songで紹介されていたのが「SPECTRE SOUNDS -STEPPING-」というアルバム。
ウォール・オブ・サウンド的な曲は大好物なので、とりあえずこれは一度見に行かんと!
と、いそいそとヴィレッジ・ヴァンガードに出かけてみると、「SPECTRE SOUNDS」「SWING SET」「MOTOWN BEATS」の3枚が並んでいた。
それは一体どんなアルバムなのかは、ここら辺りを読んでもらうとわかるのだが、要するにDJ MIXを生演奏するというナイスな企画の3枚である。
中でもオレが一番の衝撃を受けたのはもともとの目当てだった「SPECTRE SOUNDS」ではなく、ついでに買った「MOTOWN BEATS」だった。
いったいどの辺が衝撃だったか。
説明しよう。
まずは「MOTOWN BEATS」の選曲を見ていただきたい。
MOTOR TOWN BEAT
01. Introduction
02. You Can't Hurry Love/Dianna ross & The Supremes
03. I'm Ready For Love/Martha & The Vanderas
04. C'mon Marianne/Danny Osmond
05. Heart/Rockpile
06. Don't Get Me Wrong/The Pretenders
07. Majiで恋する5秒前/広末涼子
08. 太陽は罪なヤツ/サザンオールスターズ
09. Town Called Malice/The Jam
10. Are You Gonna Be My Girl?/Jet
11. Here Is My Number/Makin' time
12. 東京ディスコナイト/Scooters
13. 歩いて帰ろう/斉藤和義

こ、これはまた、な、なんちゅうど真ん中な…と絶句してしまうぐらいツボな選曲である。
この選曲、実はオレの知らんところで、オレがやってたんじゃないのか?と、思わず自分で自分を疑ってしまったぐらいツボな選曲である。
だって、「Majiで恋する5秒前」である。
ううう、よくぞ選曲してくれた!
こういう曲をしっかり選んでくれてるところが、ものすごく嬉しかったし衝撃でもあったのだ。
なんとなればオレも、カッコつけて言うならプレイリスト、ぶっちゃけていえばマイベストソングス、なんて作ったりしたら、この手の、予想外な曲をついつい入れたくなってしまうから。
自己満足なのはわかってるが、やりたくなっちゃうのだ、どうしても。
そこにサザンの「太陽は罪なヤツ」である。
そう、繋がる、繋がるぞ、うんうん。
で、「Town Called Malice」はそうそうJAMで、「Are You Gonna Be My Girl?」で、そう!
これ、そう!
iPodのCMソングという印象が強いけど、この曲のリズムは思いっきりモータウンである。
だからもちろん「歩いて帰ろう」も繋がる。
プリテンダーズの「Don't Get Me Wrong」だって、繋がる。
そしてそして、なんと言っても「Heart」である。
ロックパイルである。
こんな曲選ぶヤツなんて、オレとあと他に4〜5人ぐらいだろう、と思ってたら、その内の一人がここいたのか!
ううう。
と嬉し泣きしてから、ううう、でもオレなら、ここにイギー・ポップの「Lust For Life」も、桑田佳祐の「悲しい気持ち」も、あとちょっと地味だがトラヴィスの「Selfish Jean」も繋げるのにぃー!くぅう、オレもやりたかったっ…と悔し泣きするのである。
ああ忙しい。

もちろん「SPECTRE SOUNDS」だって、選曲されたもの以外にも大瀧詠一の「恋するカレン」ぐらいは繋げたいし、そしたら佐野元春の「サムディ」も繋げておきたい。
もう一枚の「SWING SET」も、実際のところスウィングだとかジャジーだとかにはまったく縁がないが、それでもやっぱりこうして聴いてると、「恋とマシンガン」の後にスマップの「がんばりましょう」とか繋げたくなるじゃないか。
ああもうほんとに、嬉しいし楽しい、そしてやっぱり悔しい。

というわけで、朝はこの辺からスタートする今日この頃だが、余りにも3枚が、中でも特に「MOTOWN BEATS」が気に入りすぎてしまって、思わぬ展開を招いている。
なぜか最近、広末涼子を見ると妙にドキドキするのである。

アホである。
01:47 | ほぼ音楽日記的な | comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
01:47 | - | - | -
COMMENTS
>Shinさん
ヴィレッジ・ヴァンガードは、行くとどんどん深みにはまっていくような気がして、中々抜け出せなくなります。
このCDからも、飽きやすいオレにしては珍しく、未だに抜け出せずにずーっと聴いてます。
しかも、ツレとかにも思いっきり勧めまくってます。
ポピュラーな曲が多いから、勧められた人は結構楽しんで聴いてくれてるみたいです。
…って、別にオレが作ったわけではないんですけど。

余りにも気に入りすぎて、最近ではYou Tubeで広末涼子の「MajiでKoiする5秒前」のPVを観ては、一人にやける日々です。
怖い。
2009/01/27 1:02 AM by ロケット
ロケットさんの熱い文を読んで、聴きたくてしょうがなかったんですが、本日青・緑・桃 と購入しちゃいました!
試聴もせずに購入したのは、久々でしたが、ロケットさんの騒ぎようで、間違いないっと思い、3枚購入しました。
いや〜いいっすね。1曲1曲が短いのがかえって、飽きやすい自分にはぴったりです。いっきに聴けちゃいますね。最近は、いろんなカバーが流行ってて、オレもいろいろ好きで買ってるんですが、これは、異色で、GOODですね。お友達にすすめたくなるCDですね(笑)
ヴィレッジヴァンガードはオレも時々行くんですが、ここのCDコーナーって楽しいんですよね。ついつい予定外のCDも買っちゃうんですよね。
2009/01/23 7:16 PM by Shin
>あおきさん
うわっ、コメントありがとうございます。
こちらから「聴きました!」と報告に行こうと思いつつ、自分かわいさの余り、先に自分ちに記事書くのを優先させてしまいました。

それにしてもこのアルバムは、ほんとに楽しい。
最近では朝昼晩問わず、愛用させていただいてます。
このアルバム以外にも、あおきさんちのブログで紹介されてる音楽は気になるものが多いので(あるいは好みのど真ん中加減が同じなので)、これからも活用させていただきます。

青いCD、楽しいっすよ。
2009/01/21 1:39 AM by ロケット
こんにちは、Tomorrow's Songのあおきです。
オススメにのってくださってうれしいですー。

>ここにイギー・ポップの「Lust For Life」も、桑田佳祐の「悲しい気持ち」も、あとちょっと地味だがトラヴィスの「Selfish Jean」も繋げるのにぃー!

賛成!賛成!でっででーん♪って繋ぎたい!
実はわたくしSPECTREしか買ってないので、青も緑も買ってきます!
2009/01/19 12:38 PM by あおき
COMMENT?










TRACBACK URL
http://rocketrecords.jugem.jp/trackback/583
TRACKBACK
2009/01/28 10:40 AM
もいっちょMIX話。以前ご紹介した『SPECTRE SOUNDS -STEPPING-』を読んで買いに走ってくれて、ワタクシが買ってない方もすごく良かったというエントリがあがってるのを見て、矢も盾もたまらず走りました。いや、ホントこれは三枚まとめて買うべきだった。rocketreco
Tomorrow's Song
<<New |  / pages | Old>>